diary

ああ、なんて人生

お局おばさん

吹き出ものやら、婚期が遅れるやら、アイテープばればれやら言ってきたおばさんが、またなんか言ってきた。

帽子の下に、シャワーキャップの様なものを着用するのだけど、アレルギーで、着用できない為、しないでいたら、「青いの(キャップ)しないの?」 私「アレルギーでできないんです」 おば「じゃあ、一生つけないってことだね?」 私「上司にも言ってあります」これで会話終わったけど、私が居ない間に、上司に言ったらしく、上司から、「僕じゃないんですけど、うるさい人が居るんで、…ね?」と言われた。固有名詞は出さなかったけど、おばさんのことだと分かった。その後も上司は、「○○さんに何か言われても、○○さん(私)はハイハイって言って、何かあったら、僕に言って来て下さい。」やら、「大丈夫ですか?フラストレーション溜まってないですか?」など、言われたので、笑いながら、大丈夫ですよ〜と言っておいた。めちゃくちゃ不快だけど。

なぜ、社員より偉そうなんだ?立場的には私の方が上なんですけどね。

とにかく仕切りたがり屋。めちゃくちゃ口うるさい。マニュアルなんかないので、皆さん、自分がやりやすいやり方でやっているのに、自分のやり方をマニュアル化して、これはこうしてあぁして、と仕切る。 

てか、「一生しないってことだよね?」って

なんだ。言葉のチョイスが気に入らない。悪意を感じる。意地の悪い言葉を選んだもんだね。

一年以上、上司にも、その上の人にも、指摘されたことなかったのに、何故にあなたに指摘されなければならないんでしょう。

今までの発言を総合的に見て、まぁ、私のことが気に入らないんでしょうね。

周りは皆、イエスマンだから、おばさん、居心地良いだろうな。