diary

醜形恐怖症 

回想

元恋人と、東京オリンピック一緒に見に行きたいな。と話したのを思い出した。相手から言ってきた。柔道を6年間やっていたから、柔道が見たいと言っていた。未来の事を話すのは、いつも相手だった。私は結婚という単語を、一度も口にしたことはなかったが、相手はちょいちょい出してきた。私が肉を嫌いだから、○○ちゃんと結婚したら、肉が食べられないの?とか言っていた。会話の全てを思い出すことはできないが、結婚という単語を出してきたのは、全て相手だった。

夜の海で、こんなに愛されたのは初めてだ。と言ってきた。私はその時、今までどれだけ愛されてこなかったのだろう。と思った。至って普通に交際していたつもりだから。

交際していた期間、死にたい気持ちと休戦できた。幸せだった。

別れてから今日まで、思い出さない日は一日たりともなかった。

あと約一ヶ月で、別れて一年が経つ。誕生日の次の日にふってくれたおかげで、死ぬまで忘れることのない日となった。

 

 

広告を非表示にする