diary

醜形恐怖症 

鏡で確認作業

仕事行く前、ちょっと時間に余裕があった。

ずーっと鏡を見てたよ。切り取ってしまった唇を元通りぐらいの厚さに見せたくて、オーバーに口紅を塗ってみたり…でもそれだと境い目がぼやけてしまうから、紫色のマッキーで書いてぼかしてみたり…色々やってた。

時間の無駄だ。本当ずっと鏡を見てる。家族にナルシスト呼ばわりされるけど、全然違う。自分の顔がどんな風に映ってるのか確認しないと気が済まない。落ち着かない。それで、うわあああ!もうダメだ!なんだこの顔!生きていけない!ってなる。

変な目に変な口。変な鼻に変な輪郭、顎。奇面だ。

どうすれはいいのかな