diary

ああ、なんて人生

届かぬ気持ち

生きてるのか死んでるのか分からない人へ。

結婚したくないなら、しなくても全然いいと思います。

でも、したいという気持ちになった時に、素敵な人が現れるとは限らないですよ。

40代になってから、そういう気持ちになっても遅いと思います。

もう一度、出会った頃の様な気持ちになれる人が見つかるといいですね。

乗り越えないといけない事は、きっとたくさんあると思います。

冷めたから別れたい。なんて二度と言っては駄目ですよ。

私より長生きしてほしいし、幸せであってほしい。

だだの職場と家の往復で、ただ老いてゆく人生で、私はもういいと思います。

そちらが幸せであれば、私は凄く嬉しいです

価値観の違い

また友人の友人の話だけど、最近二度目の結婚をしたそう。

私が、「一回もできない人もいるのに、二回もできるなんていいな」と言ったら、

「えー二回もするなら私一回もしない方がいいー」と言われた。

びっくり。だって二人の男性に、プロポーズされたわけでしょ?幸せの絶頂を二回経験してるんだよ。一生されることのない人もいるのに…

これが価値観の違いか、と思ったよ。

そんな友人も、本日遥か遠くへ嫁ぎました。旦那には言えないけど、やっぱり寂しい…って。そりゃ寂しいよな。

また会える日まで、達者で。

はあちゅうさんの本

f:id:akawhatalife:20180118234928j:image

言葉を使いこなして人生を変える/はあちゅう

読了いたしました。

これは、エッセイを一冊の本にまとめたもの。文章を書くのが好き、国語が好き、言葉が好き。という人でないと、読んでも面白くないかも。

昔、しらゆりの待合室で、3時間以上待った時、置いてあった雑誌を隅々まで読んでいた。小さな枠でコラムとか書いてあったりするじゃないですか。あぁいうのを見て、自分もこういうの書く仕事がしたいなー。と思ったのだけど、やはり本物の作家さんって凄い。ちゃんと期日に合わせて、指定された文字数の原稿を書いてるんでしょ。それを毎日繰り返すわけで…自分には到底なれっこないと思った次第ですわ。

高校生の頃ブログやってて、友人に「この人の書く文章凄いね」って友達が言ってたよ。と言われたことがあり、2分の1成人式で、物語を書く人になりたい。と皆の前で夢を発表した私は、今でも思い返すと嬉しいのです。


f:id:akawhatalife:20180119000750j:image

これ、分かります。私も何年か前に、幸せだからブログ止める。言ったことがあった。幸せだと私の場合は、書きたいことが見つからない。醜形恐怖が酷かった頃は、よくもまあ毎日顔についてこんなに書けるな。と思っていた。作家は不幸な方がいいと思った。太宰修の作品が今もなお、読み継がれているのは、彼が自分は不幸だ。と思っていたからではないかと思う。不幸は「作家」にとって良い状態であると言えるのでは。「人間」にとっては脱却したい状態ではあると思うけど。

友人の友人

友人の友人を紹介されて、3月に、友達の輪を広げよう会があるから、誘われた。その子が幹事をやるらしい。

私が知らないだけでウェイさん達は、こういう集まりをしていて、こういう場で交友関係を広げてるんだーと思った。

合コンも希望するならセッティングするよ。と言われたけれど、わざわざ私の為に開くなんて悪いから、もしあったら参加したいかなー。みたいに言っといた。合コン未経験で未知の世界…と言ったら、美味しく食べて適当に喋ろう!と言われた。そんな感じなのかなー。王様ゲームとかのイメージしかないや…😅

幸あれ

今日が嫁ぐ前の最後の会える日。

洋服やら小物やら、たくさんくれた。

f:id:akawhatalife:20180116222849j:image

白い袋、めちゃくちゃ大きい。コート2着もくれた。

家でアルバムを見せてくれた。

子供の頃の友人や、自分や、同級生達、懐かしい。

友人の存在は私の人生にとって、とても大きいものだ。

旦那以外、知り合いが一人も居ない土地で、これから生活していく友人、頑張れ。頑張るんだぞ。


f:id:akawhatalife:20180116224208j:image

f:id:akawhatalife:20180116224223j:image

友人に幸あれ。

 

文学


三島由紀夫 「太宰治を嫌う理由」 - YouTube

誰も興味ないと思いますが、三島由紀夫のインタビュー動画見つけた。

就職するために進学したので、専攻は経済やら情報処理でしたが、趣味で選んでいいと言われたら、文学を学びたかったと思う。

文学ってすごいですよね。それらしい言葉を並べるだけで、そこに今までなかった景色ができあがる。言葉って無力なはずなのに、時に人間を奮い立たせる力を魅せる。

文学すごい。言葉ってすごい。

 

未来は分からない

NHK不妊治療の番組を見て、思うことが色々あった。

スウェーデン人が、子宮移植をして子供を産んだ話だった。

前に友人の子供と何枚か写真を撮ったのだけど、私の顔を見つめてる写真が一番可愛かった。つぶらな瞳で見つめられてる私、幸せそう。

どうなんでしょうね。5年後、10年後、私は子供いらない。持つべきではない。と思っているのかな?

未来のことは分からないね。